1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース8 500万円も請求されていた慰謝料が,弁護士の介入により0円に!

ケース8 500万円も請求されていた慰謝料が,弁護士の介入により0円に!

ご相談者8

Wさんの解決事例

ご依頼内容
総合サポートパック(弁護士の同行あり)
  • 性別 :女性
  • 結婚歴 :1~5年
  • 年代 :30歳代
  • 子ども :なし
  • 職業 :パート社員

Wさんは結婚前に風俗店で働いていましたが,夫の浪費で生活費が圧迫され仕方なく再び風俗店で働き始めたところ,夫にそれを知られ「不貞があるという理由」で離婚と慰謝料の請求をされてしまいました。

Wさんは,夫の実家へ単身謝罪に行くなど誠心誠意を尽くし夫婦関係を修復しようと試みましたが,夫の両親もこれに応じなかったため,やむなく離婚の申し出に応じることを決意しました。しかし,夫から請求された慰謝料の額は多額であり,とてもWさんの用意できる金額ではなかったため,なんとかご自身が支払える金額での合意ができないかと当事務所へご相談にいらっしゃいました。

相手方はWさんが風俗店で働いていたために当然に不貞行為があるという主張をし,離婚と慰謝料500万円,さらに住宅ローンの返済という非常に高額な要求をしてきました。夫は代理人弁護士を立てて慰謝料を請求してきており,Wさんは精神的にもかなり追い詰められていました。

ご依頼を受けた当事務所は,相手方の請求は妥当ではないと強い態度で交渉に臨みました。なぜなら,Wさんは風俗店で働き始めたものの,実際には不貞行為をしたという事実も証拠もなかったのです。

その結果,最初は調停や裁判をしてでも譲らないといっていた相手方に対して,最終的には「慰謝料0円で離婚する」という和解を成立させることができ,Wさんは金銭的な負担を一切負うことなく,心機一転新しいスタートを切ることができました。

Wさんは,多少の慰謝料を支払うことも覚悟のうえで当事務所にご依頼いただきましたが,慰謝料を支払う必要がなくなっただけでなく,その結果についてもしっかりと書面に残しておくことができました。

相手方から一方的に離婚や慰謝料の請求をされていると,「自分が悪いのでは…」「自分がお金を支払わなくては…」と思い込んでしまう方が多くいらっしゃいますが,実はWさんのように過剰な請求をされているケースも少なくありません。

相手方から離婚や慰謝料の請求をされた場合には,まずそれが法的に妥当な請求かどうかを弁護士にご相談ください。当事務所は離婚に関するご相談は何度でも無料で対応いたします。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!