1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース101 高額の慰謝料を請求されてすぐ弁護士に相談。裁判で主張し,8割以上の減額に成功!

ケース101 高額の慰謝料を請求されてすぐ弁護士に相談。裁判で主張し,8割以上の減額に成功!

ご相談者101

Wさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料減額プラン
  • 性別 :男性
  • 結婚歴 :16~20年
  • 年代 :40歳代
  • 子ども :あり
  • 職業 :正社員

Wさんは,仕事で知り合った既婚女性と親密な関係となり,ダブル不倫をするようになってしまいました。そしてある日,女性の夫に不倫が見つかって激怒され,後日,「夫婦関係を破たんさせた責任として,慰謝料1500万円を請求する」という内容証明郵便が送られてきました。書面には事実と異なることも書かれており,突然,高額の慰謝料を請求されて困ったWさんは,浮気・不倫の慰謝料に詳しい弁護士に話を聞きたいと当事務所にご相談くださいました。

詳しくお話を伺うと,Wさんは社会的地位があって収入も多い方のため,非常に多額の慰謝料を請求されてしまい,慰謝料を支払う気持ちはあるが,1500万円はとても支払える金額ではないとのことでした。また,不倫相手の夫が非常に高圧的な態度をとっているため,当事者同士での話し合いに不安を感じていました。弁護士は,1500万円という慰謝料は非常に高額であり,慰謝料を大幅に減額できる可能性があること,弁護士にご依頼いただければ,相手の夫から受ける精神的な負担が軽減されることをご説明したところ,正式にご依頼いただくことになりました。

ご依頼後,当事務所の弁護士はすぐに不倫相手の夫の代理人である弁護士と話し合いを開始しました。相手の夫がWさんに嫌がらせを行ってきたため,その弁護士に対して厳しく注意し,慰謝料を減額するために粘り強く交渉を重ねました。しかし交渉はまとまらず,その後裁判で争うことになりました。裁判では,当事務所の弁護士は,相手の夫の主張には事実と異なることも含まれていることや,慰謝料1500万円は非常に高額であると主張しました。その結果,慰謝料は当初請求されていた1500万円から1230万円の減額となり,Wさんが270万円を支払うことで和解が成立しました。

今回のように,不倫相手の配偶者から突然,高額の慰謝料を請求されるケースがあります。しかし,500万円を超える高額な慰謝料が認められる可能性は低く,また,すぐに支払に応じなければならないわけではありません。弁護士にご依頼いただければ,慰謝料の減額交渉や,裁判で慰謝料減額の主張,相手方による嫌がらせなどへの対応など,依頼者の方を全力でサポートします。浮気・不倫の慰謝料トラブルに関するご相談は何度でも無料ですので,まずは当事務所にご相談ください。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!