1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース103 浮気相手が謝らず許せない!弁護士が責任を追及し,慰謝料80万円を獲得!

ケース103 浮気相手が謝らず許せない!弁護士が責任を追及し,慰謝料80万円を獲得!

ご相談者103

Mさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料請求プラン
  • 性別 :女性
  • 結婚歴 :1~5年
  • 年代 :30歳代
  • 子ども :あり
  • 職業 :専業主婦

Mさんは,急に仕事の帰りが遅くなった夫を疑っており,ある日,携帯電話のメールをチェックすると,特定の女性と親密なやりとりをしているメールを発見しました。夫を問い詰めると,浮気を認めて謝罪され,相手は仕事を通じて知り合った大学生だとわかりました。その後,浮気相手を含めた3人で話し合いましたが,浮気相手は事実を認めても謝罪の言葉はいっさいなく,Mさんは許せませんでした。そして,浮気相手に慰謝料を請求することを決意し,当事務所にご相談くださいました。

詳しくお話を伺うと,夫とはもう一度やり直す予定で,浮気相手に慰謝料を請求して2人の関係を断ち切りたいとお考えでしたが,どう請求してよいかわからないとのことでした。そこで弁護士は,慰謝料の相場についてご説明し,弁護士にご依頼いただければ,Mさんの許せない気持ちに応えて適切な金額の慰謝料を獲得できるように交渉していくとお伝えしました。

ご依頼後,弁護士はすぐ浮気相手に連絡をとり,話し合いを開始しました。浮気の事実について問いただすと,浮気相手は浮気を認め,反省の言葉を口にしました。そこで弁護士は,浮気によってMさん家族が崩壊の危機に陥り,そのことでMさんは大きな精神的苦痛を受け,さらには,謝罪の言葉がいっさいなかったことに強い怒りを抱いていると浮気相手の責任を追及しました。そして,反省をしているのであれば,Mさんに慰謝料を支払うべきであると強く主張しました。その結果,慰謝料80万円が支払われることで合意に至り,合意書には「今後,夫との交際をやめ,連絡をとらない」という浮気相手の誓約を記載することができました。

今回のように,当事者同士では浮気相手が強気の態度をとったような場合でも,弁護士が介入することで不貞行為を認め,慰謝料の支払に応じるケースが多くあります。また,浮気相手が学生だからといって慰謝料を請求できないというようなことはありません。浮気相手にしっかりと責任をとらせ,安心して家族がやり直せるよう,弁護士が全力でサポートいたしますので,まずは当事務所までご相談ください。浮気・不倫の慰謝料請求に関するご相談は何度でも無料です。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!