1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース107 浮気相手は肉体関係を否定するも,弁護士の交渉で慰謝料175万円の獲得に成功!

ケース107 浮気相手は肉体関係を否定するも,弁護士の交渉で慰謝料175万円の獲得に成功!

ご相談者107

Kさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料請求プラン
  • 性別 :女性
  • 結婚歴 :11~15年
  • 年代 :40歳代
  • 子ども :あり
  • 職業 :正社員

Kさんは,夫の携帯電話のメールをチェックしたことがきっかけで,「夫は浮気をしているのではないか」と考えました。夫に問い詰めると「肉体関係はないが,交際していた」と浮気を認めました。Kさんはメールの内容から肉体関係はあったとしか考えられず,大きなショックを受けると同時に浮気相手への怒りが収まりませんでした。そして,慰謝料を請求したいと考えるようになり,弁護士の話を聞きたいと当事務所にご相談くださいました。

Kさんから詳しくお話を聞くと,浮気の証拠であるメールなどはすでに削除されていて,夫が浮気を認めた際の会話を録音した音声のみが証拠として残っていました。さらに夫とは離婚をすることになり,解決金500万円を受け取る公正証書を作成してしまったために,浮気相手に慰謝料を請求できるか不安に感じていました。弁護士は,証拠が少なくても交際の事実だけで慰謝料を獲得できる可能性はあることなどをご説明したところ,Kさんは弁護士を信用してくださり,正式にご依頼いただくことになりました。

ご依頼後,弁護士は浮気相手に連絡を取り,交渉を開始しました。浮気相手も交際をしていたことは認めたものの,肉体関係はないと主張してきました。弁護士は「肉体関係はなくても,交際によってKさんにショックを与え,夫婦関係を破たんさせたことは大きな責任があるとして,浮気相手は慰謝料を支払うべきである」と強く追及しました。その結果,Kさんに慰謝料175万円が支払われることで合意し,公正証書としました。夫からすでに解決金を受け取り,肉体関係を否定された状況でしたが,弁護士の的確な交渉により,浮気相手から慰謝料を獲得できました。

今回のように,証拠が少ない場合や,肉体関係がないような場合でも,浮気相手との交際によって夫婦生活が破たんしたなどの理由がある場合は,慰謝料を獲得できる可能性があります。弁護士にご依頼いただければ,依頼者の方一人ひとりの事情を把握して,最適な解決ができるように的確に対応します。浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料です。まずは当事務所までお気軽にご相談ください。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!