1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース133 不倫相手の減額要求に対し,弁護士が強気の姿勢で交渉。慰謝料150万円を獲得!

ケース133 不倫相手の減額要求に対し,弁護士が強気の姿勢で交渉。慰謝料150万円を獲得!

ご相談者133

Eさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料請求プラン
  • 性別 :男性
  • 結婚歴 :6~10年
  • 年代 :30歳代
  • 子ども :あり
  • 職業 :正社員

Eさんは,妻が見知らぬ男性とメールのやり取りをしているのを見て,不倫を疑い始めました。そこで,妻に問い詰めると,不倫していたことを認めました。そして,Eさん夫婦は,不倫の発覚で夫婦関係が悪化し,離婚することになりました。Eさんは,離婚の原因となった不倫相手への怒りが収まらず,慰謝料を請求したいと考え,当事務所にご相談くださいました。

Eさんから詳しくお話を伺うと,不倫相手とのメールや,妻が不倫を自白した録音データなどの証拠を持っており,離婚した場合の慰謝料の相場や,今後どのように請求すればよいか知りたいとおっしゃっていました。弁護士は,慰謝料の相場についてご説明し,弁護士にご依頼いただければ,証拠をもとに不倫相手に責任を追及して,慰謝料の獲得を目指すことをお伝えしたところ,ご依頼いただくことになりました。

ご依頼後,弁護士はさっそく不倫相手に連絡を取り,「Eさん夫婦の婚姻関係を破たんさせた責任を取って慰謝料を払うべきである」と主張しました。不倫相手は,慰謝料を支払う意思は見せましたが,「今はお金がない」と大幅に減額を求めてきました。しかし,弁護士は強気の姿勢を崩さず,不倫相手の給料明細を取り寄せるなどしながら交渉を続け,支払を強く求めました。その結果,150万円が支払われることで合意に至りました。その後,支払を確実なものとするため,合意内容を公正証書とし,Eさんにも納得していただけました。

今回のように,不倫相手が慰謝料の支払に応じる意思を見せても,理由をつけて減額しようとするケースがあります。弁護士にご依頼いただければ,適正な慰謝料の金額を算定し,不倫の責任を取って慰謝料を支払うように交渉し,依頼者の方の許せない気持ちにお応えします。浮気・不倫の慰謝料請求に関するご相談は何度でも無料です。まずは,当事務所までお気軽にご相談ください。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!