1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース148 不倫相手の妻から嫌がらせを受けた。弁護士が冷静に交渉し,慰謝料は150万円の減額!

ケース148 不倫相手の妻から嫌がらせを受けた。弁護士が冷静に交渉し,慰謝料は150万円の減額!

ご相談者148

Oさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料減額プラン
  • 性別 :女性
  • 結婚歴 :なし
  • 年代 :30歳代
  • 子ども :なし
  • 職業 :正社員

Oさんは,飲み会で知り合った男性と交際し始めましたが,交際をしているうちに男性が既婚者であることを知りました。「不倫はできない。別れよう」と,Oさんは男性に伝えましたが,結局,別れずに交際を続けていたところ,不倫相手の妻に知られてしまいました。Oさんのもとには,妻から「家族に言いふらす」などの嫌がらせのメールが届き始め,「慰謝料300万円を支払え」と連絡がありました。今後の妻への対応に不安を感じたOさんは,浮気・不倫の慰謝料に詳しい弁護士に話を聞きたいと,当事務所にご相談くださいました。

弁護士が詳しくお話を聞くと,不倫相手の妻はOさんだけではなく,夫からも慰謝料を受け取る予定があるとのことでした。弁護士は,配偶者から慰謝料を受け取る予定がある場合の慰謝料の相場をご説明しました。また,感情的になっている相手方と話し合いをする場合,当人同士だと,話がこじれたり,相手方に有利な条件で合意させられてしまったりするため,弁護士に交渉を任せることをおすすめしたところ,正式にご依頼いただけることになりました。

ご依頼後,弁護士はさっそく不倫相手の妻に連絡を取って,Oさんに嫌がらせのメールを送らないように注意し,交渉を開始しました。弁護士は,Oさんが反省しており,慰謝料を支払う意思があることを伝えるとともに,妻が夫から慰謝料を貰う予定があることを主張しました。妻はかなり感情的になっていましたが,弁護士は冷静に対応し,慰謝料の減額を求めました。その結果,慰謝料は300万円から150万円の減額となり,150万円を支払うことで合意に至りました。

今回のように,すでに不倫相手の妻(夫)が夫(妻)から慰謝料を受け取る予定があるにもかかわらず,さらに妻(夫)から慰謝料を請求されるケースがあります。弁護士にご依頼いただければ,すでに十分な慰謝料を貰っていることを主張することで,適切な慰謝料に減額できる可能性があります。浮気・不倫の慰謝料トラブルに関するご相談は何度でも無料ですので,まずは,当事務所までご相談ください。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!