1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース155 結婚前の浮気相手と関係が続いていた。弁護士が悪質であると主張し,慰謝料150万円を獲得!

ケース155 結婚前の浮気相手と関係が続いていた。弁護士が悪質であると主張し,慰謝料150万円を獲得!

ご相談者155

Cさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料請求プラン
  • 性別 :男性
  • 結婚歴 :1~5年
  • 年代 :30歳代
  • 子ども :なし
  • 職業 :正社員

Cさんは,妻の携帯電話を見たところ,男性と親密なやり取りをしているメールを発見してしまいました。驚いたCさんは,妻を問い詰めたところ,浮気を認めました。Cさんは,離婚を決意するとともに,浮気相手のことが許せず,慰謝料を支払ってほしいと考え,浮気・不倫の慰謝料に詳しい弁護士に話を聞きたいと当事務所にご相談くださいました。

Cさんから詳しくお話を伺うと,結婚前にも同じ男性と浮気をしていたことがあり,当時,話し合いをして「もう会わない」と約束をしたにもかかわらず,今回,浮気が発覚したとおっしゃっていました。弁護士は,「一度,浮気をやめると約束した後も親密な関係を続けていたことは悪質である」と判断し,ご依頼いただければ浮気相手から慰謝料を獲得できる可能性があることをご説明し,今後の慰謝料請求の流れをご案内しました。説明を聞いたCさんは,「結婚前の浮気は,書面の取り交わしなども行わなかったため,慰謝料請求から合意書の作成まですべてお任せしたい」と考え,当事務所にご依頼いただくことになりました。

ご依頼後,弁護士はさっそく浮気相手に連絡を取って,「浮気の責任を取って慰謝料を支払え」と主張しました。浮気相手は,慰謝料を支払う気はあるものの,「高額すぎて支払えない」と,減額を求めてきました。弁護士は,「二度目の浮気発覚で,Cさんは精神的に大きなショックを受けて,離婚することになった。きちんと責任を取るべき」と毅然とした態度で交渉を続けました。その結果,Cさんに慰謝料150万円が支払われることで合意に至り,合意書の内容を違反した際の違約金などの取り決めを行いました。

今回のように,一度,浮気をやめると約束したにも関わらず,関係が続いていて,ふたたび配偶者の浮気が発覚してしまうケースがあります。弁護士にご依頼いただければ,責任を取って慰謝料を支払うように強く主張します。その際,浮気相手が合意内容に違反しないように違約金などについても取り決めを行い,合意書や公正証書を作成することもできます。浮気・不倫の慰謝料トラブルに関するご相談は何度でも無料ですので,まずは当事務所にご相談ください。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!