1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース196 裁判は避けたい!弁護士が慎重に交渉して,裁判を起こされることなく,慰謝料350万円の減額に成功!

ケース196 裁判は避けたい!弁護士が慎重に交渉して,裁判を起こされることなく,慰謝料350万円の減額に成功!

ご相談者196

Aさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料減額プラン
  • 性別 :女性
  • 結婚歴 :なし
  • 年代 :20歳代
  • 子ども :なし
  • 職業 :正社員

Aさんは,職場の飲み会で,上司である既婚男性と意気投合し,交際するようになりました。その後,相手の妻の代理人である弁護士から,「不倫の慰謝料として,500万円を支払え」という書面が郵送されてきました。Aさんは,高額な慰謝料を減額したい,さらに今回のことを穏便に解決したいと,当事務所の弁護士にご相談されました。

Aさんは,500万円が妥当な金額なのか悩んでおられました。また,裁判になることをとても心配されていました。弁護士は,500万円は裁判をしたら認められる金額より高額であることに加えて,ご依頼いただければ,弁護士がAさんに代わって相手方と交渉し,慰謝料を大幅に減額できる可能性があることや,裁判をせずに解決を目指すことを説明しました。

ご依頼後,弁護士は,慰謝料の一般的な相場で交渉を開始しました。相手側は,双方が主張する金額の相違から裁判を起こすと伝えてきましたが,当事務所の弁護士は,Aさんの強い希望であった裁判を避けることを第一として,慎重に交渉を重ねました。その結果,Aさんが慰謝料150万円を支払うことで合意に至りました。

今回のように,相手側に弁護士が立っている場合,ご自身だけで対等に交渉するのはとても困難です。弁護士にご依頼いただければ,裁判をすることなく適切な慰謝料の金額での和解を目指します。浮気・不倫に関する慰謝料トラブルのご相談は,何度でも無料です。

  • 0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)
  • 無料相談のお申込み
  • 浮気の慰謝料に関するご相談は,何度でも無料です(予約制)
  • 法律相談実績40万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ※ 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。
弁護士  篠田恵里香(東京弁護士会所属)