1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース21 当初,離婚に頑なな態度を取っていた夫も,弁護士の適切な交渉により離婚に合意!

ケース21 当初,離婚に頑なな態度を取っていた夫も,弁護士の適切な交渉により離婚に合意!

ご相談者21

Cさんの解決事例

ご依頼内容
総合サポートパック(立会あり)
  • 性別 :女性
  • 結婚歴 :11~15年
  • 年代 :40歳代
  • 子ども :あり
  • 職業 :正社員

Cさんは,円満な夫婦生活を送っていましたが,数年前から夫の態度が変わり,言葉の暴力を受けるようになりました。Cさんは,離婚を決意し,お子さまと一緒にCさんの実家で暮らすようになりました。それでも,週末には夫がお子さまと会えるようにしていましたが,ある日,夫が「Cさんが子どもを誘拐した」と警察に通報するなどの行動を起こすようになりました。

その後,離婚協議が進みそうにないため,Cさんは自ら離婚調停を申し立てましたが,夫はまともに取り合ってくれませんでした。Cさんは,今後どうしてよいのかわからなくなってしまい,当事務所にご相談にいらっしゃいました。

Cさんは,これまでのお子さまの育児の状況からも親権を持つことは妥当でした。しかし,離婚となった途端,これまでお子さまに無関心だった夫が親権を主張しだし,「親権を渡さなければ離婚もしない」と繰り返すようになりました。さらに,「離婚の原因を作ったのはCさんだ」とし,まともな話し合いができずにいました。

ご依頼を受けた当事務所の弁護士は,まず離婚の調停を行いながら,経済的プレッシャーを与えることで夫が離婚する意思があるのか確認するために,婚姻費用分担請求の調停申立も行いました。そして,夫が離婚の意思があることを確認した後,親権・養育費・財産分与など離婚における諸条件の話し合いへと進めていきました。

当初,夫は頑なに離婚を拒否し続けていましたが,弁護士の適切な判断による粘り強い交渉の結果,離婚の合意をするに至りました。その後,お子さまとの面会交流のルールなど離婚の条件が整い,Cさんは無事に離婚が成立しました。

今回のケースのように,夫婦の片方が感情的な態度であれば,話を進めようとするにも進まない状況となってしまい,ご自身で離婚調停を行おうとする方が少なくありません。しかし,離婚調停は法的手続が多く,ご自身で行うことは非常に難しいため,そのような場合には,ぜひ弁護士にご相談されることをおすすめします。弁護士は,離婚に関する手続のトータルサポートができ,依頼者の方のストレスも軽減させることができます。当事務所では,離婚のご相談は何度でも無料で対応しておりますので,お気軽にご相談ください。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!