1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース42 弁護士が適正な慰謝料で交渉した結果,浮気相手から慰謝料100万円の獲得に成功!

ケース42 弁護士が適正な慰謝料で交渉した結果,浮気相手から慰謝料100万円の獲得に成功!

ご相談者42

Cさんの解決事例

ご依頼内容
不貞相手への慰謝料請求
  • 性別 :女性
  • 結婚歴 :16~20年
  • 年代 :40歳代
  • 子ども :あり
  • 職業 :自営業

Cさんは,ある日,知人から夫が別な女性とデートしているとの連絡を受け,そのことを夫に問いただしたところ,浮気を認めました。ところが,夫は「俺は悪くない。浮気相手が一方的に俺のことを好きなんだ」と主張し,浮気相手との交際をやめませんでした。Cさんは,夫に慰謝料を請求しようと思いましたが,夫は自営業者で多額の負債を抱えていたため,浮気相手に対して慰謝料を請求したいと考えました。そこで,慰謝料請求に詳しい当事務所にご相談くださいました。

Cさんの話によると,まず離婚については,もし離婚してしまったら,夫は浮気相手と結婚する可能性があり,それが許せないということでした。また,子どものことも考え,いますぐの離婚は考えておりませんでした。つぎに慰謝料については,Cさんは不貞行為の確固たる証拠を持っており,浮気相手は裕福な家庭であったため,1000万円を超える高額な慰謝料を請求したいとのことでした。当事務所の弁護士は,Cさんの心情は非常に理解できますが,離婚せずに慰謝料を請求する場合,一般の相場は数十万円~100万円程度であり,1000万円を超える慰謝料を請求することは適正ではないとご説明いたしました。ただし,慰謝料請求をすることで,いまなお続いている浮気をやめさせることは可能で,ある程度の金額も獲得できる余地があることもお伝えいたしました。

ご依頼を受けた当事務所は,早速,浮気相手に慰謝料請求を行いました。すると,相手方も代理人として弁護士を立ててきたため,今後はお互い弁護士を介して話し合いをすることになりました。最初,相手方は数十万なら支払えるとのことでしたが,当事務所では,数百万円レベルの金額を提示していただかない限り,和解は無理であり,和解できない場合は訴訟提起せざるを得ず,その場合,きわどい証拠をすべて提出することになると強く主張しました。その後,何度か交渉を重ね,Cさんが早期解決を望んだ結果,慰謝料100万円を支払うことで合意に至りました。また,浮気相手が二度と夫と交際しないとの約束も合意書で取り交わすことができました。

今回のように,浮気相手に対して1000万円を超えるような,高額な慰謝料を請求することは,現実的ではありません。テレビや雑誌などのメディアでは芸能人の高額な慰謝料が話題となっておりますが,裁判における離婚しない場合の慰謝料の一般的な相場は数十万円~100万円となっております。ただし,慰謝料はさまざまな事情により異なってきますので,自ら浮気相手と慰謝料について交渉はせず,慰謝料に詳しい弁護士に一度,ご相談することをおすすめいたします。当事務所では,慰謝料に関するご相談は,何度でも無料ですので,まずはお気軽にご相談ください。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!