1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース62 交際相手が実は既婚者。突然,慰謝料500万円を請求されるも,200万円の減額に成功!

ケース62 交際相手が実は既婚者。突然,慰謝料500万円を請求されるも,200万円の減額に成功!

ご相談者62

Oさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料減額プラン
  • 性別 :女性
  • 結婚歴 :なし
  • 年代 :30歳代
  • 子ども :なし
  • 職業 :正社員

Oさんには,1年以上交際している男性がいました。しかしある日,男性の妻と名乗る人物から,「浮気によって夫婦関係は破壊された。精神的ショックを受けた慰謝料として500万円を支払え」と書かれた内容証明郵便が送られてきました。Oさんは,交際相手が既婚者だったこと,突然,高額の慰謝料を請求されてしまったことに困惑してしまいました。そこで,慰謝料トラブルに詳しい弁護士に一度,話を聞きたいと当事務所にご相談くださいました。

Oさんから詳しくお話を伺うと,毎日会っていたため,独身だと思っており,慰謝料を請求されたことで初めて既婚者だと知り,男性から謝罪されたとのことでした。当事務所の弁護士は,慰謝料500万円は,一般の相場と比較してもかなり高額であり,既婚者だとは知らなかったと主張することで,慰謝料が減額となる可能性があることをご説明しました。

ご依頼いただいた当事務所は,すぐに相手方の弁護士との話し合いを開始しました。Оさんは,既婚者であることをいっさい聞かされずに交際しており,男性も独身とウソをついていたことから,慰謝料は減額されるべきだと粘り強く交渉を重ねました。その結果,慰謝料は500万円から200万円減額となり,300万円を支払うことで相手方と合意に至りました。

今回のように,独身だと信じて疑わなかった交際相手が実は既婚者であり,突然,交際相手の妻(夫)から慰謝料を請求されてしまうケースがあります。突然のことで混乱されると思いますが,正しい対応をとるためにも,まずは弁護士に相談することをおすすめします。浮気・不倫の慰謝料減額に関するご相談は何度でも無料です。まずは当事務所にご相談ください。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!