1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース82 慰謝料を当人同士で決めてトラブルに。弁護士に依頼し,150万円の減額に成功!

ケース82 慰謝料を当人同士で決めてトラブルに。弁護士に依頼し,150万円の減額に成功!

ご相談者82

Nさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料減額プラン
  • 性別 :女性
  • 結婚歴 :なし
  • 年代 :30歳代
  • 子ども :あり
  • 職業 :正社員

シングルマザーのNさんは,妻子ある男性と不倫関係になってしまいました。そのことが男性の妻に知られると,後日,「夫の浮気が原因で離婚をすることになった」と慰謝料300万円を請求されてしまいました。男性に相談すると,「俺も支払う」と言い,Nさん自身も責任を感じたため,支払に応じることにしました。しかし,その後,男性はいっこうに慰謝料を支払わず,ましてや浮気相手の夫婦は離婚をしませんでした。Nさんは困惑し,自分が慰謝料300万円を支払うしかないのか聞きたいと当事務所にご相談くださいました。

Nさんから詳しくお話を伺うと,慰謝料を支払う気持ちはあるが,300万円はとても支払える金額ではないとのことでした。また,当人同士で話した際に公正証書は作成していないとのことでした。弁護士は,Nさんのケースで300万円という慰謝料は非常に高額で,公正証書も作成していないことから,相手方の矛盾点を指摘していくことで,慰謝料を減額できる可能性があるとご説明しました。

依頼後は,すぐに浮気相手の妻との話し合いを始めました。弁護士は,まず,離婚すると言っていたにもかかわらず,実際には離婚していないため,Nさんに慰謝料300万円の支払う義務はなく,過去の裁判例をみても,離婚していないのに慰謝料300万円は非常に高額であることから,減額されるべきだと主張しました。その結果,慰謝料は300万円から150万円の減額となり,150万円を支払うことで合意に至りました。

今回のように,当事者同士での話し合いは,後々トラブルとなるケースが多く見受けられ,取り返しのつかない事態となるおそれもあります。弁護士にご依頼いただければ,専門知識を基に相手方と話し合いますので,後々にトラブルとなる心配はありません。また,必要以上に慰謝料を支払う必要がないよう,相手方に対して的確な減額交渉を行っていきます。ご相談は何度でも無料ですので,浮気・不倫の慰謝料トラブルは当事務所までご相談ください。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!