1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース84 浮気が原因で失職し,慰謝料が支払えない。弁護士の減額交渉により,70%減に成功!

ケース84 浮気が原因で失職し,慰謝料が支払えない。弁護士の減額交渉により,70%減に成功!

ご相談者84

Aさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料減額プラン
  • 性別 :男性
  • 結婚歴 :なし
  • 年代 :30歳代
  • 子ども :なし
  • 職業 :正社員

Aさんは,同じ会社で働く女性と職場不倫をする関係になってしまいました。しかし,そのことが夫に知られて激怒され,後日,「浮気が原因で夫婦関係が破綻して離婚することになった」と慰謝料200万円を請求されてしまいました。Aさんは,突然,慰謝料を請求され,どう対応したらよいかわからず,不貞行為の慰謝料トラブルに詳しい弁護士に話を聞きたいと当事務所にご相談くださいました。

弁護士がAさんから詳しくお話を伺うと,「慰謝料の支払には応じるつもりだが,職場不倫が原因で仕事を辞めることになり,200万円も支払えない」とおっしゃっていました。そこで,弁護士が浮気相手の夫と話し合いをし,退職のような社会的制裁を受けている事実を主張することで,慰謝料が減額できる可能性があるとご説明しました。

ご依頼後は,すぐに浮気相手との話し合いを始めました。弁護士は,Aさんが職場不倫を大変反省していること,浮気が原因で退職が決まっており,すでに社会的制裁を受けていることから,慰謝料は減額されるべきであると主張しました。また,「今回の件を,いっさい口外しないことを約束してほしい」というAさんの要望を相手方に伝えるなど,Aさんとこまめに連絡を取って意思を確認しながら話し合いを進めました。その結果,慰謝料は200万円から140万円の減額となり,60万円を支払うことで合意に至り,合意書に「浮気を口外しないことを約束する」という一文(口外禁止条項)を記載することもできました。

今回のように,浮気をしてしまい,ある日突然,慰謝料を請求されたというケースがあります。そのような際は,弁護士までご相談ください。弁護士が相手ならば,慰謝料を請求してきた相手方も話し合いにきちんと応じることが多いものです。そして,すでに社会的制裁を受けているなどの事情を基に減額交渉を行い,慰謝料の減額に努めます。浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料ですので,まずは当事務所にご相談ください。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!