1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース93 弁護士に依頼し,当事者間で一度は認めた慰謝料の減額に成功。支払金額は6割減に!

ケース93 弁護士に依頼し,当事者間で一度は認めた慰謝料の減額に成功。支払金額は6割減に!

ご相談者93

Mさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料減額プラン
  • 性別 :男性
  • 結婚歴 :なし
  • 年代 :20歳代
  • 子ども :なし
  • 職業 :正社員

Mさんは,夫と別居中の女性から相談を受けているうちに親密な関係になり,不倫をしてしまいました。そして,それを知った女性の夫が激怒し,Mさんは,夫と夫の知人に呼び出され,慰謝料100万円を支払うという誓約書を書いてしまいました。しかし,この慰謝料の話し合いに疑問に感じたMさんは,一度弁護士に話を聞きたいと思い,当事務所にご相談くださいました。

Mさんから詳しくお話を伺うと,話し合いではかなり厳しい言葉を浴びせられ,2対1という状況もあって従わざるを得なかったとのことで,慰謝料を支払う意思はあるものの,100万円も用意するのは困難で,減額したいとお考えでした。弁護士は,書面を残してしまっているため不利な状況であることをお伝えしたうえで,弁護士が交渉すれば減額となる可能性もあること,「損はさせない保証」があるため,弁護士費用を気にせずにご依頼いただけることをご説明しました。

ご依頼後は,すぐ夫に連絡して交渉を開始し,まずはMさんが不倫をしたこと,精神的苦痛を与えてしまったことを改めて謝罪しました。そして,100万円はMさんにとって支払える金額ではなく,慰謝料を支払えずにさらなるトラブルとなるよりも,Mさんが支払える金額に減額し,早期解決するべきであると主張して慰謝料の減額を求めました。その結果,夫が弁護士の主張が受け入れ,慰謝料は100万円から60万円の減額となり,慰謝料40万円で合意に至りました。そして合意書には,後にトラブルが起こらないよう,最初に作成した誓約書の効力を無効とする一文を記載しました。

今回のように,一度,慰謝料を支払う旨を書面に残してしまうと,それを覆すことは困難です。しかし,弁護士が交渉することで慰謝料を減額できるケースもあります。当事務所には,慰謝料を減額できなかった場合は着手金をお返しする「損はさせない保証」があり,費用倒れの心配なくご相談いただくことが可能です。浮気・不倫の慰謝料トラブルに関するご相談は何度でも無料ですので,まずは当事務所にご相談ください。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!