1. 離婚問題トップ
  2. 離婚に関するQ&A
  3. 弁護士に慰謝料請求(減額)を依頼したにも関わらず,成果が得られなかった場合も,弁護士費用を支払わなければならないのでしょうか?

弁護士に慰謝料請求(減額)を依頼したにも関わらず,成果が得られなかった場合も,弁護士費用を支払わなければならないのでしょうか?

浮気・不倫の慰謝料請求(減額)を当事務所にご依頼いただき,もし成果が得られなかった場合は,着手金をお返しいたします。当事務所では,「明確な証拠は持ってないんだけれど…」「本当に慰謝料を獲得(減額)できるの?」といったご不安をお持ちの方も安心してご依頼いただけるよう「損はさせない保証」をご用意しております。

たとえば,不貞行為をした浮気相手に慰謝料を請求したにも関わらず,明確な証拠がなかったために交渉が決裂となり,慰謝料を1円も獲得できなかった場合は,着手金を全額お返しいたします。また,相手方から獲得(減額)できた慰謝料が着手金より下回ってしまった場合,その差額分を返金いたします。たとえば,「50万円の慰謝料を請求されて弁護士に依頼したけれど,10万円しか減額されなかった」。このケースでは,着手金22万6000円(通常実費相当額を含む)との差額である12万6000円を返金いたします。

弁護士費用は安心の成功報酬制(「損はさせない保証」)

浮気・不倫の慰謝料請求(減額)を当事務所にご依頼いただき,もし成果が得られなかった場合は,着手金をお返しいたします!

「明確な証拠は持ってないんだけれど…」「本当に慰謝料を獲得(減額)できるの?」といったご不安をお持ちの方も,どうぞ安心してご依頼ください。アディーレは,あなたの想いを応援します!

  • 1.経済的利益がまったく得られなかった場合…着手金を全額返還
  • 2.得られる経済的利益が着手金より下回っていた場合…着手金の差額分を返還
<モデルケース>

突然,慰謝料を支払えとの裁判を起こされてしまったAさんは,弁護士に裁判への対応や交渉を依頼しました。万が一,弁護士が慰謝料を減額できなかった場合,Aさんからいただいた着手金は全額お返しします。

  • ※当事務所にご依頼いただいた場合,「着手金」,「報酬」,「実費」が発生いたします。
  • ※着手金とは,受任の際にいただく着手金及び通常実費相当額を指します。
  • ※依頼者の方の意志で交渉終結前に慰謝料請求(減額)を取りやめる場合、経済的利益以外の委任目的が書面により達成されたときなど制度の対象とならないことがあります。そのほか適用には諸条件がございますので、お気軽にお問い合わせください。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!