離婚のご相談事例

弁護士の介入により、感情的な夫が原因で進まなかった離婚が2ヵ月半で成立!

Kさんの解決事例(30歳代・女性)

30歳代女性
職業 専業主婦
結婚歴 6~10年
子ども あり

Kさんは、夫からの暴言や浪費に悩み離婚を考えていました。夫は離婚に応じないと言い張っていて話し合いになりません。Kさんは家族に相談し、家族の説得で夫が家を出ていく形で別居を始めました。しかし、別居後も夫から何度も連絡がくるため精神的に辛くなってしまい、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

Kさんの夫は、離婚に応じる気はなく円満調停を申し立ててきました。また、離婚についてKさんや家族から何をいわれても納得せず、「裁判で決着をつけよう」と言い張ります。夫は「子どもに会わせないなら親権も渡さないし、養育費や今後の生活費も払わない」というのです。Kさんは、夫の暴言を子どもが真似するため、夫にはあまり子どもに会ってほしくないと悩んでいました。

ご依頼を受けた当事務所は、夫に対して、Kさんへ直接連絡をしないように申し入れをし、Kさんの離婚意思が固いことを伝えました。弁護士が交渉した結果、夫からは「子どもに会えないため感情的になってしまったが、離婚の踏ん切りはついた」との回答が得られ、具体的な養育費の金額についても話し合いができるようになりました。

その結果、およそ2ヵ月半で離婚と養育費の支払いについて合意に至ることができました。なお、子どもの面会については当面控えていただき、その代わりKさんから子どもの写真を送ることになりました。

いっぽうが感情的になってしまうと、当事者同士での話し合いによる解決は難しくなりますが、そのような場合でも、第三者である弁護士が間に立つと話し合いが比較的スムーズに進みます。Kさんは当初、費用についても悩まれていましたが、ご家族の協力もあって当事務所へのご依頼を決めてくださいました。当事務所は費用を明確にしており、また離婚に関するご相談は何度でも無料でご対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。