離婚のご相談事例

弁護士の介入により、離婚を考えていた夫婦の関係が修復。円満解決へ。

Gさんの解決事例(60歳代・女性)

60歳代女性
職業 専業主婦
結婚歴 30年以上
子ども あり

Gさんは、夫が生活費を入れてくれなかったり、浮気をしている素振りがあったという理由から離婚を考えていました。既に夫婦関係は冷めており、夫からはGさんが家を出ていくよう迫られていました。Gさんは夫と離婚して子どもたちと家を出ることも検討しましたが、その条件として不動産の価値の半分と年金分割を請求したいとのことで、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

離婚の成立自体は難しくなかったものの、それに伴う財産分与に関しては、Gさんの夫に多額の借金があったため、夫婦の財産である不動産が夫によって処分されかねないという問題がありました。そのため、離婚手続とともに、早急に不動産を保全する必要がありました。

ご依頼を受けた当事務所では、弁護士が、相手方に対してGさんの離婚意思を伝えて離婚手続を進めると同時に、夫から不動産を保全するために不動産の仮差押えの手続を行いました。

その結果、交渉後1ヵ月ほどで、夫のGさんに対する態度に反省が見られるようになりました。夫は最終的に離婚を望まないという意思を見せ、Gさんも次第に円満解決の方向で考えたいという気持ちに変わっていきました。その後、夫が再び心変わりをすることがないか2~3ヵ月様子を見たうえで、夫婦関係が良好なまま継続できたため、婚姻関係を続けるという円満解決となりました。

不動産の保全など、裁判所を通じた手続は非常に複雑・煩雑で、一般の方にはなじみも薄く、ご自身だけで進めていくのは非常に難しいものです。しかし、そういった手続については、費用面も含めて弁護士から詳細にご説明をいたしますので、安心してお任せいただけます。

Gさんのケースのように、ご依頼時に離婚を希望されていたとしても、弁護士が間に入ることで状況が変わり、ご夫婦の関係が修復されるといったケースもあります。状況を前向きに変えるためにも、まずはお気軽にご相談ください。

解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。