離婚のご相談事例

当初、離婚に応じなかった夫も、弁護士の粘り強い交渉により調停離婚が成立!

Tさんの解決事例(30歳代・女性)

30歳代女性
職業 派遣社員
結婚歴 6~10年
子ども あり

Tさんは、夫の暴力、浪費、ギャンブルが原因で離婚を決意し、ご自身で調停を申し立てましたが、夫は「仕事が忙しい」という理由で第1回目の調停期日に出席しませんでした。「このまま次回の調停も欠席されてしまうのでは」と思ったTさんはどうしたらよいかわからなくなり、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

Tさんの夫はギャンブルにのめり込んで借金を作り、生活費にまで手を付けてしまうなど家庭を顧みない状態でした。また、暴力を振るうこともあり、Tさんはとても辛い結婚生活を送っていました。いざ離婚を決意して夫に話をしてもまったく取り合ってもらえず、たとえ夫が調停に出席したとしても話が平行線のままとなることが予想され、まったく先が見えない状況でした。

そこで、ご依頼を受けた当事務所の弁護士が代理人として第2回目の調停期日に出廷し、交渉を行いました。相手方は当初「面会交流を今後きちんと実現してくれると確信したら離婚に応じるかを検討する」といった曖昧な態度を示していましたが、調停以外の時間にも相手方と粘り強く交渉を行い、離婚を現実的なものとして認識してもらえるよう努めました。

その結果、夫は離婚に応じてくれることになり、受任から3ヵ月で調停離婚を成立させることができました。さらに、夫からは離婚後の養育費の支払だけでなく生活費の補助も行われることとなり、Tさんにも笑顔が戻りました。

当事者間では平行線になってしまいがちな離婚の問題も、弁護士が間に入ることで、相手方の不安材料を汲み取り、丁寧な交渉を重ねて解決できる場合があります。また、離婚調停でどう話したらいいのかわからないという不安をお持ちの方でも、ご依頼いただければ弁護士が当日のアドバイスや同席などを行うことも可能ですので、まずはご相談ください。

解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。