離婚のご相談事例

妻が交渉に応じない。弁護士の強い主張で調停離婚が成立し、慰謝料180万円を獲得!

Sさんの解決事例(30歳代・男性)

30歳代男性
職業 正社員
結婚歴 1~5年
子ども あり

妻が職場の同僚と浮気をしていると知ったSさん。浮気相手に妻と交際を止めるように注意して、念書を書かせたにも関わらず、数年後、浮気が継続されていたことがわかりました。Sさんは、妻と離婚して再出発したいと考え、離婚や浮気の慰謝料に詳しい弁護士に話を聞いてみたいと当事務所にご相談くださいました。

Sさんから詳しくお話を伺うと、離婚するとともに妻への慰謝料請求をしたいと考えており、そして、子どもの養育費などの取り決めを行いたいものの、妻とはなかなか話が進んでおらず、困っているとおっしゃっていました。弁護士は、ご依頼いただければ、Sさんが納得できる内容で、離婚の取り決めから慰謝料請求までトータルサポートできることをお伝えしたところ、当事務所にご依頼いただけることになりました。

弁護士は、さっそく妻に連絡を取りましたが、連絡に応じなかったため話し合いが進みませんでした。そこで、弁護士はSさんと相談して、家庭裁判所に離婚調停を申し立てました。調停では、妻に浮気を注意しても親密な関係を続けていた行為は悪質であること、浮気が原因で離婚に至ってしまったことにSさんがショックを受けていることから、慰謝料が支払われるべきであると強く主張しました。さらに、子どもの養育費、面会交流の回数や条件など、Sさんの希望を伝えて交渉を進めた結果、慰謝料180万円をはじめ、Sさんが希望していた内容で話し合いがまとまり、離婚が成立しました。

今回のように、依頼者の方が離婚を決意しても、配偶者がさまざまな理由をつけて話し合いを拒否し、交渉が進まないケースがあります。弁護士にご依頼いただければ、離婚の取り決めから慰謝料請求までトータルサポートをいたします。浮気が原因で離婚した場合は、相手方の責任を強く追及して、適切な慰謝料請求を行います。離婚問題や、浮気・不倫の慰謝料トラブルに関するご相談は何度でも無料ですので、まずは当事務所にご相談ください。

解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。