離婚のご相談事例

離婚に詳しい弁護士に相談することで、より有利な条件で離婚合意に!

Aさんの解決事例(30歳代・女性)

30歳代女性
職業 正社員
結婚歴 6~10年
子ども あり

Aさんは、3年ほど前に夫の浮気に気づき、一度は許しました。その2ヵ月後、夫は突然、家を出て行ってしまい、離婚調停を申し立てられました。最初は、「これ以上、婚姻生活を続けることはできない」と考えていたAさんでしたが、まだ幼いお子さまのことを考えて夫婦生活をやり直すことにしました。

しかし、同居を再開してすぐに夫は、また別の女性と関係を持ち始め、毎日のように夜遅くまで帰宅しなかったり、家にいるときはAさんを大声で怒鳴ったりすることが続きました。Aさんは、家庭を円満にするように努力しましたが、夫はまた突然、家を出て行ってしまいました。

その後、夫の弁護士から離婚後の慰謝料の支払い方法等を明記した公正証書案が送られてきました。Aさんは、離婚には応じようと思っていましたが条件に納得できず、夫とも連絡が取れないため、どうすればよいのかわからず当事務所にご相談にいらっしゃいました。

Aさんは今回の離婚に応じ、親権もAさんが取ることで合意はしていましたが、自宅をどのようにするかで意見が食い違いました。Aさんがお子さまと住んでいる自宅は夫名義であり、まだローンがかなり残っている状態でした。お子さまの通学やペットを飼っていることもあり、すぐに引っ越すことは難しく、Aさんはどうしてよいのか悩んでいらっしゃいました。

Aさんが、受任前に夫の弁護士から受領した公正証書案では、お子さまが小学校を卒業するまで、夫が養育費の代わりに自宅のローンを負担し、卒業時に自宅を明け渡すこと。そして、その後は20歳まで養育費を支払う内容が書かれていました。

そこで、ご依頼を受けた当事務所の弁護士は、今回の離婚について、夫の浮気が原因であり、Aさんにはまったく落ち度がないことを主張し、離婚後のAさんとお子さまの生活をすこしでもよいものになるよう、粘り強く交渉を重ねました。

その結果、お子さまが中学を卒業するまで自宅に住み続けることができ、またその間はローンとは別に養育費も合わせて支払ってもらうという、当初よりもよい条件で離婚の合意に至ることができました。

相手が家を出て行ってしまい居場所もわからない中、相手方の弁護士と交渉することは、とても難しく、不安に襲われるかと思います。そのような場合には、おひとりで悩まず、まずは離婚に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。当事務所の弁護士であれば、依頼者の方の離婚後の生活設計を考え、すこしでも有利な離婚となるように交渉いたします。離婚に関するご相談は何度でも無料ですので、どうぞお気軽にご相談ください。

解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。