1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース193 不倫相手の夫から高額の慰謝料請求。弁護士が何度も交渉を重ねて,300万円の減額に成功!

ケース193 不倫相手の夫から高額の慰謝料請求。弁護士が何度も交渉を重ねて,300万円の減額に成功!

ご相談者193

Sさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料減額プラン
  • 性別 :男性
  • 結婚歴 :なし
  • 年代 :30歳代
  • 子ども :なし
  • 職業 :正社員

Sさんは,職場の同僚だった既婚女性と親密になり,交際を開始しました。その後,不倫相手は別居し,Sさんと同居するようになりました。ある日,不倫相手の夫の弁護士から「Sさんのせいで,夫婦関係が破綻した。その慰謝料として,500万円を支払え」という内容証明郵便が届きました。Sさんは,不倫関係は認めるものの,高額な慰謝料を減額したいと,当事務所の弁護士にご相談くださいました。

ご相談時にSさんは,高額な慰謝料の減額に加え,職場に知られることのないよう解決したいと希望されていました。弁護士は,500万円という金額は相場より高額で,慰謝料を減額できる可能性をお伝えし,ご依頼いただければ,相手方の弁護士との交渉や解決に向けたサポートをさせていただく旨をご説明しました。

正式なご依頼後,すぐに弁護士は,相手方の弁護士と交渉を始めました。当事務所の弁護士は,相手方夫婦の関係が破綻したのはSさんに起因するものではないことや,過去の裁判事例における相場などを理由に,減額を求めました。そして,何度も交渉を重ねた結果,Sさんが慰謝料200万円を支払うことで合意しました。

今回のように,突然相手方の弁護士から慰謝料請求の連絡が来ることもあります。ご自身だけで,法律のプロである弁護士と対等に交渉するのはとても困難です。弁護士にご依頼いただければ,あなたの代理人として慰謝料の減額だけでなく,裁判に至らず和解できる可能性を目指して交渉します。まずはお気軽に当事務所までご連絡ください。

  • 0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)
  • 無料相談のお申込み
  • 浮気の慰謝料に関するご相談は,何度でも無料です(予約制)
  • 法律相談実績45万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ※ 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。
  • ※ 現在,不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており,離婚,養育費,財産分与などのご相談の予約を,一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。
弁護士  篠田恵里香(東京弁護士会所属)