1. 離婚問題トップ
  2. 離婚のご相談事例
  3. ケース201 不倫を「職場に言いふらす」と執拗に脅された。弁護士が粘り強く交渉して、慰謝料420万円の減額に成功!

ケース201 不倫を「職場に言いふらす」と執拗に脅された。弁護士が粘り強く交渉して、慰謝料420万円の減額に成功!

ご相談者201

Kさんの解決事例

ご依頼内容
慰謝料減額プラン
  • 性別 :男性
  • 結婚歴 :26~30年
  • 年代 :50歳代
  • 子ども :あり
  • 職業 :正社員

Kさんは、以前に交際していた既婚女性と再会し、不倫まで発展しました。数年後、突然不倫相手の夫から電話があり、「不倫しただろう」と問い詰められ、認めてしまいました。その後も、不倫相手の夫からは、「不倫の慰謝料として、500万円を支払え」、「支払わないと職場や(Kさんの)家族に不倫のことを話す」、「裁判も検討している」などという内容のメールが何通も送られてきました。ご自身だけで対応することに限界を感じたKさんは、慰謝料トラブルに詳しい弁護士に話を聞きたいと、当事務所へご相談くださいました。

ご相談時にKさんは、次々と送られてくるメールへの対応に悩まれていました。また、500万円という慰謝料はとても払える金額ではなく、裁判になることも避けたいという意向でした。弁護士は、過去の裁判事例における慰謝料の相場を考慮に入れた場合、500万円は高額で減額できる可能性が高いとお伝えしました。そして、当事務所に依頼いただければ、弁護士がKさんの代理人となって不倫相手の夫と直接交渉し、裁判にならないようできる限り配慮する旨を説明しました。

正式に依頼を受けた弁護士は、早速、不倫相手の夫へ連絡を取りました。相手側とはなかなか話し合いが進みませんでしたが、弁護士が慎重に交渉した結果、慰謝料80万円で和解を成立させることができました。

今回のように、不倫相手の配偶者から執拗な連絡が入るケースもあります。弁護士にご依頼いただければ、慰謝料の減額だけでなく、あなたの代わりに交渉を進めることが可能です。浮気・不倫の慰謝料トラブルは、まず当事務所にご相談ください。

  • 0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)
  • 無料相談のお申込み
  • 浮気の慰謝料に関するご相談は,何度でも無料です(予約制)
  • 法律相談実績45万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • ※ 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。
  • ※ 現在,不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており,離婚,養育費,財産分与などのご相談の予約を,一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。
弁護士  篠田恵里香(東京弁護士会所属)