離婚のご相談事例

暴力的な夫でも弁護士が間に入ることでスムーズな話し合いが実現。2ヵ月で離婚が成立!

Yさんの解決事例(30歳代・女性)

30歳代女性
職業 その他
結婚歴 6~10年
子ども あり

Yさんは円満な夫婦生活を送ってきましたが、数年前から夫は生活費を渡さなくなり、暴力を振るわれ、喧嘩が続くようになりました。この現状にYさんは我慢できず離婚を決意。夫に離婚届のサインをしてもらいました。その後、夫は家を出ていき、別居状態となりました。別居後、Yさんは新しい職場で出会ったDさんと肉体関係を持つようになりました。すると、ある日突然、夫はYさんと肉体関係を持ったDさんに慰謝料を請求してきました。そのことを知ったYさんは驚きとともに我慢ならず離婚届を提出しましたが、夫が不受理申出をしていたため受けつけてもらえませんでした。

Yさんは夫と離婚するためには、どうすればよいのかわからないため、ご相談くださいました。

Yさんの話によれば、Yさんには2人のお子さまがおり、夫が突然、お子さまを連れ去ってしまうことを非常に心配されておりました。またYさんは2人のお子さまの親権を持ちたいとの強いご希望でした。そこで弁護士は、お子さまの親権について、これまでの監護実績、お子さまの年齢、兄弟不分離の原則からYさんが有利であるとお答えいたしました。

ご依頼を受けた当事務所は、早速、Yさんの夫とお子さまの親権を含め離婚について交渉を行いました。スムーズに話し合いを行うために、まずYさんが別居中にDさんと肉体関係を持ってしまったことを夫に謝罪しました。すると夫も生活資金を渡さなかったことや別居中に婚姻費用を支払わなかったことを謝罪しました。こうしてお互いが反省し和解することで、その後の交渉はスムーズに進みました。その結果、お子さま2人の親権はYさんが獲得。話し合いをはじめて2ヵ月で離婚の合意に至りました。

今回のように、暴力的な性格を持つ相手と離婚の条件について、直接話し合いをすることは、時に感情的になったりとお互いに精神的なストレスがかかり、非常に辛いものです。しかし、弁護士が間に入ることで、スムーズに相手と話し合いができ、離婚の早期合意につながります。離婚に関して話し合いが進まない場合は、まずは当事務所までご相談ください。

解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。