離婚のご相談事例

夫のDV、ひとりで悩まないで。弁護士の交渉により慰謝料と婚姻費用を獲得し、離婚が成立。

Uさんの解決事例(30歳代・女性)

30歳代女性
職業 契約社員
結婚歴 1~5年
子ども なし

Uさんは、夫と口論が絶えず、暴力まで振るわれたため、別居することにしました。その後、話し合いを何度も重ねましたが、価値観の違いから、やり直すことは難しいと判断し、離婚を決意。そこで、離婚するにあたり、条件や手続などよくわからなかったため、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

Uさんの話によると、婚姻生活中に夫から受けた暴力が特に許せないということでした。当事務所の弁護士は、DV(ドメスティック・バイオレンス)と性格の不一致による別居は、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」に該当するため、離婚は可能であるとご説明いたしました。また、離婚する際に夫に請求できる金額は、DVに対する慰謝料と別居中の婚姻費用であることもお伝えいたしました。

ご依頼を受けた当事務所は、早速、夫との話し合いを行いましたが、夫も代理人として弁護士を立てたため、弁護士を通じて協議することになりました。まず慰謝料については、夫婦関係が破綻に至った原因は、度重なる夫のDVであり、Uさんはそれが原因で精神的不安定に陥り、病院に通院するようになったため相当の慰謝料を支払うよう主張しました。また、婚姻費用については、別居時から夫は生活費を支払っていないため、直ちに支払うよう求めました。そうして、相手側の弁護士と話し合いを重ねた結果、慰謝料と婚姻費用として100万円を支払うという条件で離婚の合意に至ることができました。

夫のDVから逃れるために、条件を決めずに離婚するケースがよくありますが、 それで本当によいのでしょうか。離婚の原因はあなたではないはずです。今回のように、離婚に至った原因が相手方にある場合は、慰謝料や婚姻費用など条件についてしっかり話し合いをし、離婚後に後悔しないようにしましょう。弁護士にご依頼いただければ、相手方と直接、話をする必要はありません。あなたに代わって弁護士が交渉し、希望する条件が獲得できるよう、粘り強く交渉いたします。夫の暴力で離婚をお考えの方へ、おひとりで悩まず、まずは当事務所にご相談ください。離婚に関するご相談は何度でも無料で対応いたします。

解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。