離婚のご相談事例

夫が養育費の支払を拒否。弁護士が介入して離婚条件を取り決め、安心して再スタート!

Aさんの解決事例(30歳代・女性)

30歳代女性
職業 パート
結婚歴 6~10年
子ども あり

Aさんは、夫とお子さまの3人で暮らしていましたが、夫は生活費を支払わず、Aさんのご両親から援助を受けて生活していました。お金が原因で夫婦喧嘩をすることが多く、耐えきれなくなったAさんはついに離婚を決意しました。しかし、夫からは「離婚するなら養育費などはいっさい支払わない」と言われ、Aさんはどうすればよいかわからなくなり、当事務所にご相談くださいました。

弁護士が詳しくお話を伺うと、夫は非常に高圧的な性格でAさんの話に聞く耳を持たないとのことでした。また、養育費のほかに、ご両親に援助してもらっていた生活費を返してほしいと考えていらっしゃいました。

ご依頼後、弁護士はすぐ夫に連絡しましたが、夫が返事を伸ばし続けたため、話し合いは進展しませんでした。そこで、Aさんと相談し、家庭裁判所に離婚調停を申し立てることにしました。

調停では、「生活費を返す筋合いはない」と主張する夫に対し、弁護士はこれまで援助してもらっていた金額を示すなどして鋭く反論しました。また、養育費についても、適切な金額がAさんに支払われるように粘り強く話し合いを重ねました。その結果、解決金として生活費が返金されること、お子さまと不安なく生活できるだけの養育費が支払われることで合意に至り、離婚が成立しました。Aさんは晴れて再スタートを切ることできました。

今回のように、離婚する際に親権、養育費、慰謝料、財産分与などでトラブルになるケースがよくあります。納得できない内容で離婚をしてしまうと、後々に後悔することになりかねません。弁護士にご依頼いただければ、これからの生活を安心して過ごせる内容で離婚できるように、全力でサポートいたします。離婚問題に関するご相談は何度でも無料ですので、まずは当事務所にご相談ください。

解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。