離婚のご相談事例

度重なる浮気で離婚を決意。弁護士が夫と浮気相手から慰謝料を獲得して離婚が成立!

Tさんの解決事例(50歳代・女性)

50歳代女性
職業 パート
結婚歴 26~30年
子ども あり

Tさんは、ある日、夫の携帯電話のメールをチェックしていたところ、知らない女性とのやりとりを発見しました。浮気を疑ったTさんが問いつめると、夫は浮気を認めて謝罪したため、信じて許すことにしました。しかし数ヵ月後、Tさんは再びメールを発見し、浮気を止めていなかったことを知りました。裏切られて大きなショックを受けたTさんは、離婚と慰謝料請求を決意し,当事務所にご相談くださいました。

詳しくお話を伺うと、夫が数年後に定年退職のため、財産分与で退職金を受け取りたいとお考えでした。また、「浮気相手に責任の大きさを思い知らせたい」というお気持ちがあり、夫だけでなく浮気相手にも慰謝料を請求したいとのことでした。弁護士は、ご依頼いただければTさんにご納得いただける内容で離婚が成立するように全力を尽くすこと、慰謝料は夫と浮気相手の両方に請求できることをご説明しました。

ご依頼後は、浮気相手への慰謝料請求と、夫との離婚の話し合いを行いました。慰謝料請求では、メールが証拠として残っていることを示し、浮気が原因でTさん夫婦は破綻して離婚協議中であること、Tさんは想像を絶するほどの精神的苦痛を受けており、浮気相手に大きな責任があることを主張しました。その結果、浮気相手からTさんに慰謝料50万円が支払われることで合意に至りました。

夫との話し合いでは、まず、Tさんに強い離婚の意思があることを伝え、離婚を承諾してもらいました。そして、離婚の原因が夫の度重なる浮気にあることからTさんに慰謝料が支払われるべきであると主張し、財産分与については退職金や銀行口座の開示を求め、さらには年金分割の割合なども話し合いました。その結果、慰謝料300万円をはじめ、すべてTさんにご納得いただける内容で話し合いがまとまり、それを公正証書としてTさんの離婚が成立しました。

今回のように、離婚時には慰謝料、財産分与、養育費、親権などさまざまなことを話し合う必要があります。当事者同士での話し合いは、感情的になって埒があかなくなるケースが多くありますので、弁護士にお任せください。弁護士なら、冷静かつ的確に話し合いを進めることができ、依頼者の方の再スタートを全力で後押しします。また、浮気・不倫の慰謝料は配偶者だけでなく、浮気相手にも請求できます。ご相談は何度でも無料ですので、まずは当事務所にご相談ください。

解決事例の一覧に戻る

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。