1. 離婚問題トップ
  2. 弁護士費用

弁護士費用

一般的に,「弁護士は敷居が高い」という印象を持たれてしまう原因の1つに「弁護士費用が不明確」という点があるのではないでしょうか。少しでも「身近な」法律事務所を目指す当事務所では,ご相談者が少しでも費用面でご不安を感じないように,弁護士費用を『依頼内容に応じて明確に設定』しております。

弁護士費用には,ご依頼前のご相談時に発生する「相談料」と,ご依頼後に発生する「着手金」「報酬」等がございます。

ご依頼前のご相談について

離婚問題に関するご相談は,何度でも無料です。

他の事務所では30分5,000円程度のご相談料が発生する場合が多いようです。しかし当事務所では,相談者の方に安心して気軽にご相談いただけるよう,相談料をいただいておりません。

※現在,不貞行為の慰謝料に関するご相談のみをお受けしており,離婚,養育費,財産分与などのご相談の予約を,一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。

ご依頼後に発生する弁護士費用について

当事務所にご依頼いただいた場合は,「着手金」と「報酬」,「実費」が発生いたします。
わかりやすい報酬体系で,安心してご依頼いただけるようなプランをご用意しております。

不倫慰謝料

不貞行為の慰謝料請求

不倫相手や元配偶者に対し,慰謝料を請求する手続を行います。
ご自身の不貞行為に対して慰謝料などを請求されている場合にも対応いたします。

不貞行為についての慰謝料請求サービス
着手金(税込) 21万6000円
不倫相手と元配偶者の両方に対して請求する場合は32万4000円
日当(税込) 出廷1回につき3万2400円
報酬(税込) 経済的利益(減額分)の17.28%
サービス内容 示談交渉,損害賠償請求訴訟

バリュープラン

離婚に関わる問題を総合的にサポートします。

離婚に関わる法律問題を広くお任せいただけます。慰謝料・財産分与,親権・養育費の交渉など,経験豊富な弁護士があなたの味方になります。

バリュープラン
着手金(税込) 21万6000円
報酬(税込) 【離婚解決報酬】 32万4000円
【経済的利益に対して】
弁護士が関与したことで増額などの有利な結果(経済的利益)が発生した場合には,報酬が別途かかります。たとえば,慰謝料や財産分与の場合,10.8%になります。
詳細はこちらに記入しております。
【親権(調停・訴訟時)】  21万6000円
1)争いありかつ調査官調査を経た場合
2)対象となるお子様が複数いる場合に,一部の結果を得た場合には,同金額に結果の割合を乗じます。
サービス内容 【離婚協議全般】
・婚姻費用,財産分与,年金分割,慰謝料,親権,監護権,面会交流,養育費
・公正証書の作成
【離婚調停】
・婚姻費用,財産分与,年金分割,慰謝料,親権,養育費
※不倫相手への慰謝料請求は含まれておりません。
日当(税込) 調停に弁護士の同席を希望する場合は,日当として1回につき5万4000円(交通費込)がかかります。

以下の場合は,別途弁護士費用が発生いたします。

離婚調停から訴訟に移行した場合オプション
追加着手金(税込) 訴訟(第1審)対応全般 16万2000円
※訴訟からのご依頼の場合は,32万4000円のみとなります。
控訴審 16万2000円
抗告審 10万8000円
日当(税込) 出廷1回につき3万2400円
報酬(税込) バリュープランをご参照ください。
婚姻費用調停が審判に移行した場合オプション
追加着手金(税込) 5万4000円
日当(税込) 出廷1回につき3万2400円
報酬(税込) 経済的利益の16.2%(ただし,認容月額の1年分の16.2%を上限とします。)
サービス内容 ・婚姻費用分担審判
・審判前の保全処分
お子様の取戻しが調停に移行した場合オプション
追加着手金(税込) 21万6000円
日当(税込) 調停への同席のための出廷1回につき 5万4000円
審判への出廷1回につき 3万2400円
報酬(税込) 35万1000円
※対象となるお子様が複数いる場合に,一部の結果を得た場合には,同金額に結果の割合を乗じます。
サービス内容 ・監護権の指定,子の引き渡し調停,審判への移行
・審判前の保全処分
面会交流が調停に移行した場合オプション
追加着手金(税込) 10万8000円
日当(税込) 調停への同席のための出廷1回につき 5万4000円
審判への出廷1回につき 3万2400円
報酬(税込) 10万8000円
※対象となるお子様が複数いる場合に,一部の結果を得た場合には,同金額に結果の割合を乗じます。
サービス内容 面会交流調停・審判への移行
弁護士費用は安心の成功報酬制(「損はさせない保証」)

浮気・不倫の慰謝料請求(減額)を当事務所にご依頼いただき,もし成果が得られなかった場合は,着手金をお返しいたします!

「明確な証拠は持ってないんだけれど…」「本当に慰謝料を獲得(減額)できるの?」といったご不安をお持ちの方も,どうぞ安心してご依頼ください。アディーレは,あなたの想いを応援します!

  • 1.経済的利益がまったく得られなかった場合…着手金を全額返還
  • 2.得られる経済的利益が着手金より下回っていた場合…着手金の差額分を返還
<モデルケース>

突然,慰謝料を支払えとの裁判を起こされてしまったAさんは,弁護士に裁判への対応や交渉を依頼しました。万が一,弁護士が慰謝料を減額できなかった場合,Aさんからいただいた着手金は全額お返しします。

  • ※着手金とは,受任の際にいただく着手金及び通常実費相当額を指します。
  • ※依頼者の方の意志で交渉終結前に慰謝料請求(減額)を取りやめる場合、経済的利益以外の委任目的が書面により達成されたときなど制度の対象とならないことがあります。そのほか適用には諸条件がございますので、お気軽にお問い合わせください。

離婚協議書(公正証書)

離婚協議書,離婚公正証書の作成だけを依頼したい!

すでに相手方と離婚条件の合意があり,離婚協議書・離婚公正証書の作成だけを依頼したい方。

公正証書作成サービス
手数料(税込) 10万1520円
サービス内容 公正証書作成
実費の負担について

離婚の手続を進めるためには様々な実費(交通費,通信費,郵券,印紙代,内容証明費用など)が発生します。
しかし当事務所では,ご契約時に手数料としてパック・オプション毎に1万円(税込)しかいただいておりません。
※訴訟実費,弁護士会照会費用,公正証書印紙代については,別途実費をご負担いただきます。

弁護士の日当について

・調停同席希望の場合
原則として,出廷1回につき一律5万4000円をいただきます。(全国共通)

・審判・訴訟
原則として,出廷1回につき一律3万2400円をいただきます。(全国共通)

成功報酬の清算について

成功報酬は,解決時に清算いたします。

※税法の改正により消費税等の税率が変動した場合,改正以降における消費税相当額は変動後の税率により計算します。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 浮気の慰謝料や離婚問題のご相談は,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績35万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!