1. 離婚問題トップ
  2. 特集:気になる!隣の離婚事情
  3. 第1回「誰もが気になる離婚原因。妻の1位はやっぱり…アレ!」

第1回「誰もが気になる離婚原因。妻の1位はやっぱり…アレ!」

どんなに仲睦まじい夫婦でも,一度や二度は「離婚」という言葉が頭に浮かんだことがあるはず。実際に離婚するに至った夫婦もその原因はさまざま。たった一度の過ちがきっかけになることもあれば,日々の細かな不満が積もり積もった結果としての離婚、まだ愛情が残っているにもかかわらず家族や仕事の都合で別れざるを得なくなったなど,10組の夫婦がいれば10組分の離婚原因があります。

「気になる!隣の離婚事情」第1回では,そんな「離婚原因」に焦点を当て,その実態を覗いてみることにします。

男女とも離婚の原因第1位はやはり「性格の不一致」。

平成24年度司法統計より
男性 女性
1位 性格が合わない 性格が合わない
2位 異性関係 暴力を振るう
3位 精神的に虐待する 生活費を渡さない
4位 家族・親族と折り合いが悪い 精神的に虐待する
5位 性的不調和 異性関係
6位 浪費する 浪費する
7位 同居に応じない 家庭を捨てて省みない
8位 異常性格 性的不調和
9位 暴力を振るう 家族・親族と折り合いが悪い
10位 家庭を捨てて省みない 酒を飲み過ぎる

2012年の司法統計によると,離婚の申立理由は男女ともに「性格が合わない」がダントツの1位。男性の6割,女性の4割が「性格の不一致」を理由に離婚しています。そもそも生まれも育ちも違うわけですから,性格が違うのは当然。しかし,自分とは違う部分も含め,相手に惹かれて結婚したのも事実。ではなぜこんなにも「性格が合わない」ことを理由に離婚する夫婦が多いのでしょうか?

実は,他の異性と関係を持ったり,お金を浪費したり,相手に暴力を振るったことが原因で離婚するケースでも,社会的な体裁を気にして「性格の不一致」を理由にすることが多いのです。また,決定的な理由がない場合も「性格の不一致」が理由とされます。離婚する夫婦にとって,「性格の不一致」はとても便利な言葉なんですね。ですので,「性格が合わない」ことだけが原因で離婚に至るケースは,見た目の数字よりも少ないと思われます。

単に「性格が合わない」だけでは離婚できない!?

離婚する夫婦の約半数が理由とする「性格の不一致」。夫婦の双方が合意の上で離婚するのであれば問題ありませんが,いっぽうが離婚に同意せず,裁判で争うことになった場合には注意が必要です。実は,離婚裁判では,単に「性格が合わない」というだけでは離婚が認められません。「性格の不一致」を離婚理由として認めてもらうためには,それが原因で夫婦関係が破綻し,将来に渡って修復の可能性が認められないことを証明する必要があるのです。とても便利な言葉であるいっぽう,法的には認められづらいことをよく覚えておいてください。

「精神的・経済的虐待」が原因の離婚が増加中。「性的不満」も見過ごせない要因に。

男性
離婚原因(男性)
女性
離婚原因(女性)

司法統計『性別離婚申し立ての動機別割合の推移(1975-2012)』より

今も昔も「性格の不一致」が最大の離婚原因であることは変わりません。いっぽう,異性や家族との関係を原因とする離婚の割合は減る傾向にあります。また,女性の離婚理由として多かった「夫の暴力」に関しては,未だ件数自体は多いものの,割合としては減少傾向にあります。その代わり「精神的虐待」や「生活費を渡さない」といった,物理的な暴力を伴わない虐待を原因とする離婚が増加しています。DV(ドメスティック・バイオレンス)にもさまざまな種類がありますが,より間接的なものになりつつあるのが最近の傾向だといえるでしょう。

そのほか,割合としては決して多くはありませんが,「性的不満」を原因とする離婚が増加している点も見逃せません。セックスレスが離婚の原因となることは広く知られつつありますが,それ以外にも「性的嗜好の不一致」が原因で離婚が認められることもあります。過去の判例では「性行為の際に必ず靴を履くことを強要された」という理由で離婚が認められたケースもあるので,注意が必要です。

日常生活と同じく,性生活においても「相手を思いやること」が夫婦円満の秘訣だということですね。

0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)

  • 離婚問題のご相談なら,何度でも無料です(予約制)。
  • 法律相談実績15万人のアディーレ法律事務所だからできる,安心サポート!
  • 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は,ご相談をお受けしておりません。

離婚問題のことなら何度でも無料!