離婚に関するQ&A

不貞相手(浮気相手)に慰謝料を請求するためには、どのような証拠が必要ですか?

裁判で慰謝料を請求する場合はもちろんのこと、任意で交渉をする場合でも相手方に不倫を認めさせるための証拠の存在が重要となってきます。具体的には、不倫現場の写真やメールのやりとりです。

そして、慰謝料の請求が認められるかどうかは、不倫相手との肉体関係が認められるかどうかが重要なポイントとなります。そのため、不倫の証拠としては、不倫相手との肉体関係を証明できるようなものが望ましいといえます。たとえば、そのような行為があったことがわかるメールのやりとりやラブホテルに出入りする際の写真などが考えられるでしょう。

このほか、慰謝料とは精神的な苦痛に対して支払われる金銭なので、自分がいかに精神的に苦痛を被ったのかということを証明することも必要となってきます。たとえば、夫の不倫が原因で精神的に不安定になり、心療内科を受診した場合には、診断書などを取得しておくことも重要です。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。