離婚に関するQ&A

不貞相手(浮気相手)と肉体関係はありませんが、その場合でも慰謝料を支払わなければならないのですか?

慰謝料を請求できるかどうかの重要なポイントとして、肉体関係があることが挙げられます。肉体関係がない場合には、それだけでは結婚生活の破綻への影響は少なく、慰謝料を支払う義務は認められにくくなります。単に食事を一緒にした、頻繁にメールをしていたなどの事情だけでは、慰謝料の請求が認められる可能性は非常に低いといえるでしょう。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。