離婚に関するQ&A

養育費を支払ってもらえますか?

父母は、親権者かどうかにかかわらず、未成年者の子に対して扶養する義務を負っています。離婚をしても、この義務を免れることはありません。
このため、離婚により一方の親が未成熟の子を引き取って育てることになった場合、他方の親に対し、養育費を請求することができます。
扶養義務の程度については、現に子を監護養育している親の扶養義務が、他方の親の付与義務に優先され、不足する部分を他方の親が負担するものと考えられています。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。