離婚に関するQ&A

離婚をすると、子どもは親権者でない親の財産を相続できないのでしょうか?

相続については、「被相続人の子は、相続人となる。」と定められています。法律上、単に子どもであれば、親権がどちらにあるかにかかわらず、親の相続人となるのです。離婚をしても、離縁をしない限り、親子であることには変わりませんので、子どもは親権者でない親の財産を相続することができます。

親権というのは、未成年者の財産を管理する権利(財産管理権)と、未成年者を監護・養育する権利(身上監護権)から成っています。親権は、あくまで未成年者の心身の未熟さを保護し、未成年者の健全な発育を促すための権利です。

いっぽう、民法の定める相続制度は、被相続人が築いた財産は、血縁者になるべく受け継がせようという趣旨に基づくものです。このように、親権と相続制度はそれぞれ異なる考え方を背景にしているので、互いに関連する関係にはないのです。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。