離婚に関するQ&A

再婚した場合、離婚時に取り決めた養育費の支払はどうなるのでしょうか?

法律上、親は子どもを扶養する義務があります。あなたが再婚しても、お子さまが再婚相手の養子になったとしても、親である以上、養育費を支払う義務が消えることはありません。ただし、養育費を取り決めた後に事情の変動があった場合には、養育費の額を変更することができます。

「再婚した場合や再婚相手に子どもがいる場合」は、事情の変動の典型例です。再婚により、あなたの家計が経済的に豊かになったということであれば、養育費の減額を請求される可能性があります。ただし、話し合いや調停などにより、養育費の額が変更されない限り、これまでの養育費を支払ってもらうことが可能です。

逆に事情の変動により、養育費を増やしてもらいたいという場合にも、養育費の増額を家庭裁判所に対して申し立てることが可能です。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。