離婚に関するQ&A

夫が離婚に応じてくれそうにありません。どうしたらいいでしょうか?

協議離婚において相手方が応じてくれそうにない場合には、弁護士等の代理人を立てて交渉をすることもひとつの方法です。当事者の協議では合意の余地がない場合でも、弁護士が仲立ちすることによって合意が形成される可能性もあるからです。

相手方が交渉の席にすらついてくれない等、交渉が難航する場合は、家庭裁判所に夫婦関係調整調停(離婚調停)を申し立てることもできます。離婚調停では、家庭裁判所から相手方に対して、呼出状や場合によっては出頭勧告を出してもらえます。また、離婚調停では、第三者である家事審判官および調停委員が、当事者双方の言い分をよく聴き、離婚するかしないかだけではなく、財産分与・慰謝料・親権者の指定・子どもとの面会交流など離婚に伴う問題を含め、当事者が合意に至るよう妥協点を模索してくれます。

離婚調停においても当事者が合意に至らない場合には、家庭裁判所が、当事者双方の申立の趣旨に反しない限度で、独自の判断で離婚を宣言してくれる場合もあります(審判離婚)。この場合も、財産分与・慰謝料・親権者の指定・子どもとの面会交流など離婚に伴う問題について、家庭裁判所に決定してもらえます。

さらに、家庭裁判所に離婚訴訟を提起することもできます。離婚訴訟では、当事者の合意の存否にかかわらず離婚が認められますが、離婚が認められるのは、法定の離婚原因がある場合に限られます。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。