1. 離婚問題トップ
  2. 離婚に関するQ&A
  3. 夫婦間の性関係についても離婚原因となることはありますか?

夫婦間の性関係についても離婚原因となることはありますか?

配偶者の一方が性的不能であったり,相当期間性交を拒否し続けていたり,性的行為が異常であったために婚姻関係が破綻したような場合には,婚姻を継続し難い重大な事由にあたり離婚が認められる可能性があります。

裁判離婚と離婚原因について

  • 0120-783-184(ゼロイチニーゼロ ナヤミ イヤヨ)
  • 無料相談のお申込み
  • 浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は、何度でも無料です(予約制)
  • ※ 夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※ 現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。
弁護士 正木裕美(愛知県弁護士会所属)