離婚に関するQ&A

不貞行為をするなど法定の離婚原因を作った配偶者の方から離婚を申し出ることができますか?

訴訟となった場合、婚姻の破綻に責任がある配偶者からの離婚請求は、原則として認められません。しかし、(1)夫婦の別居が両当事者の年齢および同居期間との対比において相当の長期間に及んでいること、(2)当事者の間に未成熟の子がいないこと、(3)相手方配偶者が離婚により精神的・社会的・経済的に極めて苛酷な状態に置かれないことの3つの要件を満たす場合には有責配偶者からの離婚請求が認められる可能性があります。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。