離婚に関するQ&A

婚姻中は共働きをしていました。どのくらい財産分与を受けることができますか?

共働きや相手の配偶者の事業に協力しているケースについては、原則として配偶者に50%の貢献度を認め、特段の事情がある場合には貢献度を増減するという考え方が一般的です。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。