離婚問題の知識と法律

子どもの氏・戸籍について

子どもの氏・戸籍について

ここでは分かりやすくするため、以下の例を用いて離婚と氏・戸籍について説明をしていきたいと思います。

例:
  • 山田花子さんは佐藤太郎さんと結婚して、氏が山田から佐藤に変わりました。
  • 花子さんと太郎さんとの間には、次郎くんという男の子が生まれました。
  • 花子さんは、太郎さんと離婚することになりました。

両親が離婚しても、子どもの氏・戸籍には影響はありません。
何の手続もしなければ、次郎くんは親が結婚している間の氏・戸籍のまま(佐藤次郎)になります。
そのため、離婚により、旧姓の山田に戻った(復氏した)母親(山田花子)が、子ども(佐藤次郎)の親権者となった場合には、母親の氏・戸籍と子どもの氏・戸籍が異なってしまう場合が出てきます。

氏が異なると、同じ戸籍に入ることができませんので、母親が子どもを同じ戸籍に入れるためには原則として子どもの氏の変更許可申立をこの住所地を管轄する家庭裁判所にし、入籍届を役所に出す必要が出てきます。
つまり、次郎くんは母親と同じ氏(山田次郎)となります。

なお、母親が婚姻中の氏を名乗る婚氏続称はあくまでも結婚中の氏を「名乗ることができる」だけですので、婚氏続称の届けをしている親であっても、その親の民法上の氏は結婚前の氏となっています。
先ほどの例でいえば、婚氏続称の届けをすることにより、佐藤花子を名乗ることとなりますが、民法上は山田花子のままです。

そのため婚氏続称の届けをしている場合でも、民法上は子ども(佐藤次郎)と親(山田花子)の氏が異なっていますので、同じ戸籍に入るためには子どもの氏の変更が必要です。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。