離婚問題の知識と法律

裁判離婚

裁判離婚とは?

調停離婚が成立しなかった場合、訴訟提起をする、つまり裁判で離婚や慰謝料等を請求することとな ります。

裁判離婚をする場合には、原則として事前に調停手続を経ている必要があります。

裁判離婚の場合には、民法が定めている離婚理由が必要となります。

裁判離婚の流れ

  1. 裁判所に訴訟を提起します。
  2. 裁判期日において、当事者双方が主張・立証をします。
  3. 当事者等に対する尋問が実施されます(尋問の前に和解の提示がなされることもあります)。
  4. 裁判所から和解の提示がなされる場合があります。
  5. 当事者双方が裁判所の和解案に合意すれば、和解により離婚が成立し、慰謝料額等も決定されます。
  6. 和解が成立しない場合、裁判所が離婚の可否や慰謝料額等を判断します。離婚を認める判決が出れば離婚が成立し、慰謝料額等が決定されます。
    離婚を認める判決が確定すると10日以内に、離婚届と共に判決謄本と確定証明書を添えて、市区町村役場に提出しなければなりません。
  7. 判決内容が不満である場合には、判決書の送達を受けた日から2週間以内に控訴を提起することができます。

必ず調停を事前にしなければ、裁判離婚できないの?

相手方が行方不明である場合等、裁判所が調停離婚が適当でないと判断した場合には、例外的に調停を経ずに裁判離婚をすることができます。

裁判離婚の場合、どれくらい時間がかかるの?

約1年かかると覚悟をしておいたほうがよいでしょう。ただし、第一審で勝訴したとしても、相手方が控訴・上告して更に争えば、さらに長引くことになります。

裁判離婚では手続が厳格・複雑に定められており、知識なく手続を進めると、取り返しのつかない思わぬ落とし穴にはまることがあります。ぜひとも弁護士に相談しましょう。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。