離婚問題の知識と法律

戸籍について

結婚により氏を変えなかった人の場合

結婚により氏を変えなかった場合は、離婚後も結婚している間に入っていた戸籍にとどまることになり、特別な手続は必要ではありません。

結婚により氏を変えた人の場合

結婚により氏を変えた場合には、結婚前の氏に戻るか、離婚後も引き続き結婚している間の氏を使用する(婚氏続称)かによって入る戸籍が異なってきます

婚氏続称の届出をした場合

原則として、新しい戸籍が作成され、その新しい戸籍に入ることになります。

婚氏続称の届出をしなかった場合

この場合には、結婚する前の戸籍に戻るのが原則になります。前の戸籍に入っていた本人の父母が別の戸籍へ転籍している場合には、転籍後の戸籍に入ることになります。結婚前の戸籍が既に削除されている場合や、新しい戸籍の編成の申し出をした場合、新しい戸籍が編成されることになります。

浮気・不倫の慰謝料のことなら
ご相談無料・全国対応
浮気・不倫の慰謝料に関するご相談は何度でも無料!
  • 費用倒れの不安を解消!「損はさせない保証」あり
  • ご相談・ご依頼は、全国対応
  • ※夫婦間など当事者同士でまだトラブルになっていない場合は、ご相談をお受けしておりません。
  • ※現在、不貞行為の慰謝料に関するご相談のみお受けしており、離婚、養育費、財産分与などのご相談の予約を、一時見合わせております。再開の際はWebサイトでお知らせいたします。